ペン字を習えば文字コンプレックスから解放される

  1. ホーム
  2. 綺麗な字は大人の嗜み

綺麗な字は大人の嗜み

ペン

字を美しく書きたい

子供の頃に字を書くといえば、学校での板書をノートに写したり、友達との落書きなどがメイン。基本的には自分や限られた人間に見られるだけだったが、社会に出ると多くの人に見られる書類や公的な書類などを書く機会も増える。結婚式で受付の時に書くサイン、同僚へのメモや電話の内容の伝言など、できるだけ丁寧に書くことも求められるだろう。しかし意識するだけではキレイな字が書けるようにはならず、自分の字やクセにコンプレックスを抱く人も多い。そうした悩みを解決してくれるのがペン字である。ペン字とは字の如くペンで書く文字のことで、整った美しい字が書けるようになることを目的としている。ペン字のほとんどは通信教育やテキストとなっており、マンツーマンで教わるのではなく、手本となる字をなぞっていくスタイルが主流。人から教わらない分、費用がそれほどかからない、自分の好きな時間に練習できるというのが大きなメリットだろう。他にも、自分が苦手な字や、よく書く字だけを集中的に練習したり、もう一度基礎を勉強し直すなど、自分の習熟度に合わせて進められるというのも利点と言える。ペン字のテキストや通信教育の中には書体が選べるようになっているものもある。一般的な楷書体だけでなく、草書体などが選べるため、シチュエーションに合わせて字が書けるようになるというのも魅力的な部分ではないだろうか。このように、自分のコンプレックスを解消しつつ、自分のスタイルに合わせて学べるという点はペン字の良いところといえる。